顔認識を防ぐ眼鏡「プライバシーバイザー」を福井・鯖江の商社が販売へ

glasses

コンピューターが顔認識できなくなる眼鏡を、福井県鯖江市の商社が開発し、5月末に約3万円で販売するそうです。

商品名は「プライバシーバイザー」。

 

原理としては、特殊な模様のフィルターで光を反射・吸収して、目元の凹凸をわからなくするみたいです。

視界はサングラスを掛けたよう、とのこと。

 

国立情報学研究所(東京)などと2年半かけて製品化したそうです。

 

たしかに今の御時世は人工知能が発達し、顔写真を撮影してネットで検索すると同一人物の写真が並ぶという恐ろしい時代になってきています。

プライバシーを守るという観点から、顔認識を防ぐという需要はでてきそうな気がします。

 

今回の製品ですが、「特殊な模様のフィルターで光を反射・吸収して、目元の凹凸をわからなくする」という凄い技術を使っているようです。しかしここまでくると普通にアイマスクやお面のようなものではだめなんでしょうか(´・ω・`)

それにこのデザイン。この眼鏡をかけて外に出歩くのはかなりの勇気がいりそうです。

値段も3万円と高額な部類かと。

 

普通の眼鏡のデザインで顔認識を回避できる眼鏡であれば売れそうですが…開発が待ち望まれますね。

引用元: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000058-mai-soci

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑