ゆびきりげんまんのげんまんってどういう意味?

約束を破らない印として、ゆびきりげんまんと言いますが、げんまんとはどういう意味なのでしょうか。

今回はゆびきりの由来やげんまんの意味について書いていきたいと思います。

ゆびきりげんまんの由来

最初に由来から書いていきたいと思います。

ゆびきりげんまんの由来は江戸時代の遊女にまで遡ります。

吉原の遊女は、男性を誘惑するのが仕事ですから、いくら言葉で愛を語っても信用されません。

そこで、客に対して「あなただけが頼りで、本当の気持ちだ」という証拠として、なんと指を切って送りました。

といっても実際に切ったわけではなく、切った指は他のところから調達していたようです。本人はバレないように常に指に包帯を巻いていました。

この指切りの風習が一般的にひろまり、わらべ歌として使われるようになったのです。

ゆびきりげんまんのげんまんとは?

げんまんとは、「拳万」と書きます。これは約束を破った場合、拳で万回殴るという意味です。

最初はゆびきりだけでしたが、針千本も拳万も、後で追加されたようです。

ゆびきりげんまんには続きがあった

指切り拳万 嘘ついたら針千本飲ます 指切った

実はこれには続きがあります。

死んだら御免

指切り拳万 嘘ついたら針千本飲ます 指切った 死んだら御免

これが全文になります。

死んだら御免とは、死んだらごめんなさいという意味ではなく、死んでお詫びするという意味です。

ゆびきりげんまんは本当は怖い

約束の誓いとして、小指を合わせますが、実は指は切るわ、1万回殴るわ、嘘ついたら針を1000本飲ますわ、破ったら死んでお詫びするわと、ゆびきりで交わす約束はとても重く怖いものですね。

約束は守りましょう…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑