ラニーニャ現象とは何か

ラニーニャ現象は地球で起こる気象現象の一種です。

今回はそんなラニーニャ現象についてや、日本への影響についてなどをまとめてみたいと思います。

ラニーニャ現象とは

ラニーニャ現象を簡単に言うと、夏に暑くなり冬に寒くなる現象のことを指します。

逆に夏が涼しく冬が暖かくなる現象をエルニーニョ現象と言います。

もう少し具体的に言うと、ラニーニャ現象は太平洋東部の赤道付近で、海水面の温度が平年よりも4度程度低くなる現象のことを指します。

海水の温度が原因で、日本を含む世界各地の気候がおかしくなります。

そして逆に海水面の温度が平年よりも高くなる現象がエルニーニョ現象となります。ラニーニャ現象とエルニーニョ現象は繰り返されます。

この現象はだいたい1年ほど続きます。

ラニーニャ現象の原因

ラニーニャ現象が起こる原因ですが、十分には解明されていません。

ただ、赤道付近で発生する「貿易風」というのが関係しており、これが強くなった際に南米ペルーの深海の冷たい水がどんどん流されていき、広範囲に渡り水温が下がるといわれています。

ラニーニャ現象の語源

逆現象である「エルニーニョ」とは、スペイン語で「神の子(男の子)」という意味になります。対して「ラニーニャ」は女の子を指します。

元々は「エルニーニョ現象」とその逆の「反エルニーニョ現象」という感じでしたが、元々の語源が神の子であるのに対して反と付けるのは語感が良くないと、ラニーニャ現象と呼ばれるようになったようです。

ラニーニャ現象が日本にもたらす影響

遠い海域の水温が下がるだけなのに、それが日本にも(というか世界中に)影響してきます。

とても神秘的ですね。

ラニーニャ現象発生時の夏

夏はとても気温が高くなる傾向にあります。ただし必ずしもそうなるとは言えません。

記録的な猛暑や熱帯夜が続くときはラニーニャ現象が起こっているかもしれません。

熱中症や夏バテに注意しなければなりませんね。

ラニーニャ現象発生時の冬

逆に冬はとても気温が低くなる傾向にあります。同じくあくまで傾向であって必ずとは言えません。

記録的な寒さや大雪などが続く場合はラニーニャ現象が起こっているかもしれません。

吹雪時の運転や、屋根の雪下ろしなどには注意が必要です。

2017年の冬はラニーニャ現象が発生か

気象庁は、7月から半年間南米沖の太平洋の海水温が継続して下がっていることから、ラニーニャ現象が見られると発表しています。

今回は来年の春頃まで続くと見られています。

ということで今年の冬は寒いですよ。

防寒対策はもちろん、北の地方の方々は吹雪や雪崩などに十分に警戒する必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑