siriが赤ちゃんの生命を救う

siri

オーストラリアで「彼女」が人命救助に一役かう大手柄を立てていたことがテレビニュースで明らかになった。1歳の娘の息が止まっているのを発見した母親がSiriに話しかけて救急車を呼び、病院に運び込まれて事なきを得たという。

部屋の中でぐったりしたジアーナちゃんを発見したとたん、母親のステイシーさんは気が動転し、手にしていたiPhoneを床に落としてしまう。そのまま娘に心肺機能蘇生を施すステイシーさん、興奮して「ヘイSiri、緊急サービスにつないで」と叫ぶと、床に転がっていたiPhoneのSiriが起動。救急車を呼ぶことができたのだという。

肺の感染症にかかっていたジアーナちゃんは、救急車が到着したころには何とか息を吹き返し、その後の入院治療で無事快復。息が止まったことによるダメージも残らずに済んだ。ただ、医師によれば、見つかった時には一刻一秒を争うような状態だったという。

一方で、ステイシーさんはアップルへの感謝の気持ちを口にしつつ、自分がもし電話を落とさなくても、パニック状態でうまく番号が押せなかったかもしれないと振り返る。

ちなみにこうしたSiriの機能はすべてのiPhoneに備わっているわけではなく、最新型の6Sだけ対応しているという。

引用元: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00010007-newswitch-ind

何はともあれ命を救ったのはお手柄ですね。6Sだけって書いてありますが、SEは未対応なんですかね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑